アスリートは短命?

投稿者: | 2017年7月16日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

アスリートではないけど、激しい運動はやり過ぎると怖いですね(涙)

スポーツに人生を捧げたアスリートの多くは60代で亡くなる人が多いそうです。

日本人の平均寿命に比べると明らかに短命です。

その原因はもちろん活性酸素にあります。

活性酸素は、体内に取り込んだ酸素から作成されます。

激しい運動を行うと大量の酸素を取り込むため、取り込んだ酸素の分だけ体内で発生する活性酸素も増えます。

運動頻度や運動強度が高くなるほど、体内に活性酵素を増やしてしまうというわけです。

また、野外の紫外線が降り注ぐ中で競技をすれば、それもまた活性酸素を発生させる原因になるので、室内競技と比べて野外スポーツはダメージが大きくなるはずです。

いわゆるアスリートと呼ばれる人たちはそれこそ幼少の頃から現役を引退するまで、毎日トレーニング漬けですから体内で発生する活性酸素が一般人に比べて桁違いなわけです。

いまでこそ活性酸素の害がわかっていますから管理栄養士やトレーナーの指導の元、抗酸化成分を積極的に摂取することで抗酸化対策をしていると思いますが、 一昔前のアスリートはそんな知識もなかったはずです。

そのため大量に発生した活性酸素によって細胞の酸化が進み、老化が早まって短命につながったんだと思います。

今のアスリートは抗酸化対策をしているはずなのでそこまで短命になるということはないと思います。

まぁ顔はシミだらけですけどね。

市民ランナーはどうでしょうね?

抗酸化対策をちゃんとしていますかね(苦笑)

昔、アスリートの友達に運動をやめるなと言われたのを思い出します。

活性酸素除去は水素でバッチリだから、大丈夫だと思いますけどね(笑)

怖いですね(涙)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。