走ってストレス解消!

投稿者: | 2017年8月25日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

走ることでストレスは解消される

そして心の疲れ・ストレスに対してもランニングは大きな効果を発揮します。

現代社会を生きていく以上ストレスは避けて通れませんが、走ることで心身が解放され、体内に新しいエネルギーが満ちていくのが感じられる。

以下、ランニングがストレス解消になるという説をいくつか紹介します。

エンドルフィン説

長く走り続けることによって、麻薬によく似た鎮痛作用のあるホルモン(エンドルフィン)が脳で分泌され、その作用によってランナーが快適な気分になれる。

「ランナーズ・ハイ」とも言われる。

瞑想説

ランニングのように単調な動きの結果、瞑想のようにリラックスした意識状態になれる。

体温上昇説

ランニングをすると体温が上昇し、鎮痛効果が得られる。

気晴らし説

ランニングは、不快な認知、感情、行動から気をそらせてくれる。

支配感説

運動によって体力が高まると、自分自身をコントロールできているという支配感、制御感、充足感を覚える。

さらに、定期的に運動している人は心理的ストレスから身体を守るためのリカバリーがうまく働くという実験結果もあります。

酒やタバコでストレス解消という人も多いでしょうが、いずれも一時的に嫌なことを忘れる作用しかありません。

なお、走った後のケアとしてストレッチングをした後は、音楽を聴くなどしてリラックスするとさらにストレス解消の効果も上がります。

もちろん、走っていてより爽快になれるコースを選ぶのも効果的でしょう。

水素でもストレスによる活性酸素は除去できますが、他にも活性酸素の発生原因が沢山あるので、軽めのランニングでストレス解消は効果的ですね!!

激しいランニングは、逆に乳酸の発生~分解により活性酸素が発生します。

LSDやジョグは必要ですね!(^^)!

やり過ぎたときは水素を多めに摂取です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。