水素の基礎知識

投稿者: | 2017年8月27日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

水素は、人の細胞の10万分の1の大きさですから血管、脳、細胞内、どこへでも入っていける。

他の抗酸化物質と違って、きわめて小さいのが水素(H)の特徴です。

カプセルが人の腸内で溶けて、水(H2O)を酸素(OH)と水素(H)に切り離す。

水素(H)は、小さいので細胞の中へまで入って行く。

活性酸素の悪玉ヒドロキシラジカルのみに吸着して、無害な水(H2O)となって体外に排出される。

体内に取り込まれた酸素は、2~3%がエネルギーを作り出す副産物として活性酸素になる。

そして、水素は余分に摂取しても薬ではないので副作用はない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素にはダイエット効果もある。(肝臓よりFGF21ホルモンが出る)

脂肪代謝が活発になる。

 

 

 

 

 

 

Dr’s水素セレブの粉末を舐めると熱を感じる

この熱は水素が発生するときに生じる反応熱!

飲んだ時に腸内で発生する熱によって体温も上昇する。

体温が1℃上がると500~600%免疫度がアップする。

低体温症の方はぜひ飲んだ方が良い!!

低体温症は女性に多いみたいですが、女性には嬉しい肌が綺麗になる効果があります。

90日サイクルで遺伝子の末端から再生する仕組みを作るのが水素の働きです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。