水素で不妊治療

投稿者: | 2017年9月12日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

水素で不妊治療

朗報ですね!

期待できますね!!

sperm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠には、健康な精子と卵子は欠かすことができません。

精子や卵子が形成される段階での酸化ストレスは不妊の潜在的なリスクであり、出生の問題に繋がることがあります [1]-[5]。

水素には酸化ストレスを減らす作用が報告されており、その観点から水素による不妊治療効果の検討が男性に対して行われてきました。
本記事では、これまでの研究でわかったことをまとめます。

 

実験動物を使った妊娠(不妊治療)効果の検討結果

モデル動物を用いた実験にて、虚血再灌流障害やニコチンによる酸化ストレスに対して、水素水(水素を豊富に含んだ生理食塩水)が精巣の保護作用を持っていることが示されました[6]。

精巣の虚血再灌流障害は、精巣が捻れ血流が妨げられることで起こりえます。

この障害直後のモデル動物に水素水を腹腔内投与したところ、精巣内の酸化ストレスが水素水を投与していないモデル動物と比べて低下しました [6]。

喫煙やニコチンへの暴露は酸化ストレスを上昇させます。

その作用機序は未だに不明ですが、喫煙による長期のニコチンの暴露は精巣における酸化ストレスを引き起こすことが報告されています[7]。

ニコチンによって精巣に酸化ストレスが生じているマウスに対し、水素水を長期に与えたところ、生殖腺(精子の元となる細胞が作られる組織)のダメージが緩和されました [5]。

虚血再灌流障害やニコチン以外の要因でも精子にダメージを与えることがあります。

例えば、生殖腺の中の精子は放射線の影響を受けやすいと言われています。

放射線による精巣へのダメージは、ヒドロキシラジカルの発生が関わっていると考えられており [8]、

水素水をマウスに摂取させ、その後、放射線照射をしたところ、精巣の組織内のダメージ(脂質過酸化反応、たんぱく質の酸化、DNA障害など)が軽減されることが確認されました 。

さらに放射線を照射したマウス群のうち、水素水を摂取させたマウスでは、そうでないマウスと比べ質の高い精子が30%増えたことも報告されています [9]。

 

ヒトの精子を使った妊娠(不妊治療)効果の検討結果

男性側の出生力に関わる必須の要因として「精子の運動性」が挙げられ、酸化ストレスは精子の運動性を低下させ、出生率を低くすることが知られています [10] [11]。

2015年に発表された研究では、ダメージを受けたヒトの精子に、水素を30分間暴露。

これにより前方運動が17.5%から40%にまで上昇することが認められました。

この水素暴露後の精子の運動性の上昇は凍結精子においても確認されています [12]。

 

まとめ

妊娠(不妊など)に対する水素水の効能検討が男性(精子)を中心に行われてきました。
それら研究の中で、水素水が精子を酸化ストレスから守り、また精子自体の運動性を高めることが報告されています。

これら発見を支持するように、水素によってミトコンドリアの機能が回復・改善されることが別の研究で報告されています。

精子の質はミトコンドリアの質と深い関係があることから、水素が男性不妊の新たな治療法として期待できると考えられています[12]。

私は、Dr’s水素セレブと富士水素を飲むようになってから朝立ちが復活しました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。