痛風になる要因

投稿者: | 2018年3月31日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

おはようございます。

私の親友が、最近痛風を発症しました(涙)

私の方が、全部当てはまっています(苦笑)

それではなぜ発症しないのか?

要因は次の3つ

1.食生活の乱れ、暴飲暴食

食べ物のほぼ全てに含まれるプリン体が、食べ過ぎや飲み過ぎで大量に摂取されていることがわかります。

プリン体を多く含む食べ物としては、

・ いくらやたらこ(魚卵) ・ しらこやあん肝(魚肉の肝)
・ えびやかに(甲殻類) ・ かつお節
・ 鳥のレバー ・ ビール

などです。明らかに第二のタイプ、尿酸の生産過剰によるものだと推測できますね。

一日のプリン体の摂取量は400mgが適量だと言われています。

食事のバランスに気をつけて食事することを心がける事が必要です。

 

2.アルコールの飲み過ぎ

プリン体を大量に含むビールが美味しい

 

 

 

 

 

 

お酒の飲み過ぎ、とくにビールに多く含まれているので、明らかにこれも尿酸の過剰生産によるものでしょう。
しかし、アルコールの摂り過ぎは腎機能にも影響を及ぼしますので、第一タイプにも含まれます。

ですので、一番悪質なケースだと言えます。

飲み過ぎによって大量に作られた尿酸が行き場を失い、大量に結晶化を起こします。

結晶化を起こした尿酸はただでさえ関節などに溜まりやすい上に、アルコールによって体が脱水状態のためにさらに血液がどろどろに流れを悪くします。

さらにアルコールの大量摂取によって腎臓の機能が低下すると、尿酸を正常に排出できなくなるので、あれもこれもに影響が出てしまうのですね。

結果として、痛風を発症するというわけです。

 

3.激しい運動をしている

活性酸素が大量に生まれる激しい運動

 

 

 

 

 

 

 

 

激しい運動をしていることは悪いことではありませんが、気をつけたいのはしっかりとした水分補給です。

運動によって大量の汗をかくと、体の中の水分が失われてしまうので、十分な水分を補給してやらないといけません。

「のどが渇いた」と思った時点で、すでに軽い脱水状態だと言われていますから、スポーツなどの運動時はこまめに水分補給を心がけましょう。

これを怠ると、やはり血流を悪くし、尿酸を溜めやすくなってしまいます。

もしかしたら、そのときに食生活が悪ければ、尿酸が結晶化しやすい状態になっているかもしれません。

そうなると、痛風の発症リスクはさらに高まるでしょう。

水素を沢山摂取しましょう!!

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。