動物にも水素です!!

投稿者: | 2018年6月24日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/0000283001.htm

おはようございます。

ペットの病気と活性酸素の関係

活性酸素はさまざまな病気や老化、肌トラブルを起こす原因として知られていますが、動物たちの場合も同じです。

呼吸をするほとんどの生物が、活性酸素を体内で作り出していると言ってもよいでしょう。

ですから、大切なペットも、必要以上に活性酸素が生成されると体に不調をきたす可能性はあります。

たとえば、私たち人と同様に動物もまた老化によって活性酸素が増加する傾向にあり、動脈硬化や糖尿病、皮膚炎、腎疾患などを発症させる一因となると考えられています。

さらに、飼い主が喫煙者の場合による副流煙の吸引のほか、ストレス、運動不足、ペットフードに含まれる添加物の摂取もペットの体内で活性酸素を必要以上に増やしてしまう一因となっています。

水素がペットに与える効果

残念ながら現段階では研究や治療例が少なく、はっきりとした効果が実証されてはいません。

ただし、数少ない治療例のなかではありますが、効果が感じられた報告は挙がっています。

現在、多くの獣医師が水素を治療に取り入れようとしています。

水素が犬や猫などのペットに与える効果が目に見えるデータとして公にされる日も遠くはないかもしれません。

ペットの健康のためにも、水素のさらなる研究が待ち望まれるところです。

門左衛門が病気になっても安心ですね(笑)

さらなる研究結果に期待します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの息子の門左衛門です。

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いです(笑)

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。