活性酸素が病気の96%の原因!

投稿者: | 2018年7月2日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/0000283001.htm

おはようございます。

 人間の身体を、サビと言いますが、どう言う事ですか?

身体が「サビ」 とは、老化や生活習慣病が原因で活性酸素が増え身体に害を及ぼす事を言います。

つまりメタボや、高血圧、シミ、シワ、白髪、アレルギーや内蔵の老化と言うことのようです。

サビの元が活性酸素で、その活性酸素が増えると糖尿病や脳梗塞、ガン、リュウマチ等々、多くの病気を引き起こすのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本医科大学の太田教授が、病気の96%は、この活性酸素が原因だと発表しています。

サビた身体からサビを取る、要するに活性酸素を除去するのが水素です。

活性酸素の分子記号がOHで、水素がHなので、結合してH2O水になると言う簡単な原理です。

奇跡の水と言われ、ガンやエイズ、糖尿病等々難病と言われた病気を直したトラコテの水や、ルルドの泉が正に水素水だった事から注目を浴びた訳です。

奇跡の水も、今では科学的に病気の改善理由が証明されていると言う事です。

身体をサビさせない為に、水素は必要不可欠です。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。