大会中の脚の痙攣対策

投稿者: | 2018年11月2日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

おはようございます。

私も、走れていた時には大会の度に脚を必ずケイレンして(苦笑)

バナナなどを食べて気を付けてはいるんですけどね。

後半、体幹が疲れてフォームが崩れるのも一因かと思います。

トレーニングが足りないのかな?

脚がケイレンしたときの対処法

3つの原因に即した対処をしよう

レースや練習中のトラブルとして脚のケイレンを起こすことがあります。
主な原因は3つ
(1)寒さや冷え
(2)局所の筋肉疲労
(3)血液・筋肉のイオンバランスの乱れ
これらが複雑に関与して起こります。どの筋肉でも、条件がそろえばケイレンを起こす可能性があります。

ケイレンが起きたら、走ることができても、まずペースを落とし様子を見ましょう。

おさまらない場合は、立ち止まってストレッチングをします。

ケイレンした筋肉をゆっくりと伸ばすように行います。

寒さが原因になっている時は、衣服を着て保温を心がけたり、軽いマッサージで筋肉を温め、ほぐしたりします。

暑い季節によく起きる熱ケイレン(汗による塩分喪失で起こる)は、水分とともに、しっかりと塩分をとるといいでしょう。

一部に負担がかかるフォームになっていないか?

たびたびケイレンを起こしていると、起こりそうな予感のする場合があります。

そんな時は、無理せず早めにペースを落とし、ケイレンが起きるのを避けましょう。

頻繁にケイレンが起きるということは、1カ所の筋肉に負担がかかる走り方をしているということです。フォームのバランスはいいか、もう一度見直してみてください。

ケイレンを予防するには、カリウムの豊富なバナナをとったり、水よりもスポーツドリンク(イオン飲料)で給水するといいでしょう。

さらに大切なのが、ウォーミングアップ。特に寒い時期は、冷えからくるケイレンもあるので、入念なアップが必要です。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。