ランナーに必要な水素

投稿者: | 2018年11月30日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

おはようございます。

近年、健康志向の高まりもあって日常的にジョギングをする人が増え、マラソン大会は市民ランナーで賑わっています。
日頃の運動不足を解消し、肥満も防げるマラソンは、とても健康に良い習慣のように思えまずが、実は思わぬ落とし穴があるのです。

それは、運動によって発生する活性酸素です。

マラソンなどの運動では心拍数が上がり呼吸の数も増えるため、体内で活性酸素が大量に発生するのです。
取り込む酸素の量が多くなれば、活性酸素の量が増えるのも必然ですね。

さらに、活性酸素を増やすのは運動だけではありません。
”紫外線””排気ガス”などの身体的ストレス因子も、活性酸素を大量発生させる要因になります。

活性酸素の種類でも説明したように、活性酸素とは本来体内の有害物質を除去する役割もするものです。
紫外線や排気ガスなどに対抗するため、活性酸素が大量発生し、それが自分の身体をも傷づけてしまうのです。

ルームランナーは別として、マラソンやジョギングは屋外で長時間行うことがほとんどです。
紫外線や排気ガスのある屋外で長時間運動するわけですから、発生する活性酸素が大量であることは容易に想像できますよね。

特にお昼休みの皇居ランナーなどは要注意です。

長時間運動、紫外線、排気ガスがそろって、もはや役満です。

活性酸素は体細胞を老化させます。
女性の場合は、卵子への影響も大きいと言われています。
事実、女性のマラソン選手は不妊に悩まされることが多いのです。

かといって、活性酸素が怖いから全く運動しないというのも本末転倒です。
活性酸素の害よりも、運動不足の害の方が遥かに大きいでしょう。

健康維持のために運動は続けつつも、それによって発生する活性酸素を除去するためには、
やはり水素のような強力な抗酸化作用を持つ相棒が必要だと思います。

食事でも抗酸化作用の強い栄養を摂ることはできますが、マラソンが趣味の方ではとても追いつかないでしょう。
健康に、長寿で運動を続けるために、水素水を愛飲している市民ランナーが増えているのも、近年の活性酸素の研究の成果といえますね。

しかし、水素水は3分程でなくなってしまいます!

たくさん飲めば効果はありますが、お腹もいっぱいになるし限度がありますよね(苦笑)

Dr’s水素セレブは、1粒で水素水の1兆倍の水素イオン濃度で、体内で1~4時間継続するそうです。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。