体重を1kg減らすには

投稿者: | 2019年1月22日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

脂肪1kg減らすには何km走ればいいか?

 

 

 

 

 

 

今回は60 kgの一般成人男性をモデルとして計算していきます。

脂肪1 kgを燃焼するためには7200 kccal消費しなければならないということが知られています。脂肪1 gは9 kcalですが、体内に蓄えられる時は水分も一緒に蓄えられるので、その分を差し引いて内臓脂肪1 gは7.2 kcalとされています。

体重60 kgの人が7200 kcalを消費するには、7200(kcal) ÷ 60(kg) = 120(km)走らなければなりません。

しかし、実際に50 %VO2maxの強度で120 km走っても、エネルギー消費の内半分は糖質から供給されているので、脂肪燃焼量は500 gという計算になります。

つまり、脂肪を1 kg減らすには240 km走らなければならないという計算になるのです。

この結果は、想像以上だったのではないでしょうか。

普段体重を測っていたら±1kgは変動があるので1kgくらいの脂肪なら簡単に減らすことができると考えている方も多いかもしれません。

ですが、脂肪を1kg減らすには、実はかなりの努力が必要なのです。

体重の変動の大きな要因は、やはり体内の水分です。

走ると汗をかいて一時的に体内から水分が出ていき体重が軽くなったように感じますが、実際に脂肪を1 kg減らすとなるとこれだけの距離を走らないといけないのです。

今回の計算結果から、脂肪1kgを減らすには240km走らなければならないということが分かりましたが、これはどれくらいの距離かというと、フルマラソンを約6回走る距離になります。

フルマラソンは1回走るだけでも相当な体力を必要とします。そのため1日で脂肪を1kg減らす、というのは不可能です。

なので、ダイエットのためにマラソンを取り入れる際は長期的にどれだけ運動するか計画を立てて実行することが重要となることを覚えておきましょう。

まとめ

今回はマラソンをどれだけ走れば脂肪を1 kg減らすことができるのかを説明してきました。

マラソンを走っている間は汗をかくので、走った後に体重は減りますが、脂肪は大きくは減っていません。

マラソンを走っている間にはエネルギー源として糖質と脂質が使われます。消費したエネルギーが全て脂肪燃焼によるものではないということに注意しましょう。

簡単に計算すると、脂肪1kgを減らすには約240kmもの距離を走らなくてはなりません。

体重はその日の内でも1kg程度は変動しますが、その変動の要因は体内の水分量で、脂肪の量は大きくは変わらないのです。

一度に240kmもの距離を走るのは不可能なので、ダイエットをする際は長期的に考えて脂肪を減らしていくように心がけましょう。

水素サプリメントを飲むと、肝臓からFGF21というホルモンが分泌されてダイエット効果が上がります。

是非お試しあれ!

 

 

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。