活性酸素と酵素

投稿者: | 2019年1月21日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

マラソンと活性酸素の関係は、理解いただけたかと思います。

生活習慣でも活性酸素は発生します。

除去しないと細胞を傷つけます。

その結果、健康を失います。

健康を失うと全てを失います。

予防が大事になります。

活性酸素の発生・反応・除去

人はエネルギーを作り出す時、糖質や脂質をエネルギー源としてミトコンドリアというエネルギー工場でエネルギーに変換します。

その際酸素を消費するのですが、その酸素の一部は電子を一つ失い、活性酸素へと変化してしまいます。

酸素分子には電子が16個あり安定した状態なのですが、電子が1つなくなると不安定な状態となり、他の物質から電子を横取りしようとして反応性が高まります。

反応性の高まった活性酸素は細胞やDNAに無作為にダメージを与えてしまいます。

その結果、活性酸素により寿命が縮まると言われているのです。

マラソンをしていると安静にしているよりもよりエネルギーが必要となります。

するとエネルギーを生み出す過程で使われる酸素が多くなり、必然的に活性酸素も多く作られてしまいます。

しかし、体内には活性酸素による害を防ぐためにこれを取り除く酵素が存在します。

そのような酵素はたくさんありますが、代表的なものがSOD(スーパーオキシドディスムターゼ Superoxide Dismutase)です。

この酵素は電子が一つ足りない活性酸素同士を結合させ、お互い安定な状態にする酵素です。こうした反応が起こることで体内から活性酸素を除去しています。

常に悪者のように扱われる活性酸素ですが、実は体に役に立つ機能も果たしているのです。

体には体内に細菌などが侵入した時に白血球やマクロファージなどにより取り除く免疫系というシステムがあるのですが、活性酸素は体内に入ってきた細菌を直接攻撃することで免疫系の一部として働いています。

それでもやはり活性酸素が過剰に増えすぎると体に害を与えてしまいます。体にとって活性酸素は諸刃の劔と言える物質なのです。

この酵素は、年齢とともに減っていきます。

それが加齢です。

加齢を補うために、水素サプリメントが有効なんです!

他には、ストレスでも酵素は減っていきます。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。