ポリフェノールも有効

投稿者: | 2019年1月20日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

ポリフェノールも抗酸化作用のある物質。

赤ワインに多く含まれているのは有名ですね。

走る前はアルコール飲めないので、カテキンの入った緑茶が良いですね。

◆機能時間は短いが抗酸化作用が高いポリフェノールの特徴

活性酸素を除去する抗酸化作用をもたらす代表的な栄養素としてはビタミン類の他に「ポリフェノール」の存在がある。

ポリフェノールは数千種類にも及ぶ膨大な種類が確認されている植物が光合成によって糖分の生成を行なう際に生じる成分である。

ポリフェノール類は機能性食品類として分類されているが、その多くは抗酸化作用が強力であり、作用時間も短時間で働き始めることが大きな特徴である。

その為、スポーツを行なう1時間程前にポリフェノールを摂取しておくことで活性酸素の抑制効果を期待することができる。

但し、ポリフェノールが抗酸化作用をもたらす時間は2時間程度、長くても3時間で効果が途切れるため摂取タイミングが重要なポイントとなる事を覚えておこう。

尚、抗酸化作用が強く働くポリフェノールの代表は、カテキンとアントシアニン。

カテキンは緑茶や番茶など身近なお茶類に多く含まれる成分で、抗酸化作用だけでなく近年では抗癌作用も期待され研究が勧められている注目度の高い成分である。お茶の中では緑茶が最も含有量が高い。

アントシアニンはブルーベリーやビルベリーなどに多く含まれる成分でロドプシンと呼ばれる光を感知する成分を再合成する働きを持つことから視力回復サプリメントの主力成分として広く知られている。

アントシアニン=視力回復というイメージが定着しているが、アントシアニンは活性酸素の発生を抑制する抗酸化物質としての働きも有能である。

それでも、水素の抗酸化力には勝てませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。