大会前の食事方法

投稿者: | 2019年2月11日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

私は、お餅や団子をレース前に食べますね。

もち米は腹持ちが良い!

あってるかな?

マラソン前の食事方法

  • 当日、大会の3日前くらいから脂質は控えめにする
  • エネルギー源となる糖質(炭水化物)を多めに摂る

炭水化物は体に貯えられる量に限度があります。
体重70kgの大人:肝臓-70g、筋肉-400g程度と言われています。

フルマラソンでは体重60㎏で約2500キロカロリーも消費するので、十分に体に蓄えていても途中で、それを使い果たしてしまうのです。

これが、マラソン終盤での急な失速の原因になります。

つまり、十分に炭水化物を肝臓や筋肉中に蓄えられていないと、早い段階でエネルギーの枯渇へとつながってしまうのです。

そこで、マラソン選手などがよくやっているのが、大会までの食事方法の改善です。
これはカーボローディングとも呼ばれ、大会の3日前から炭水化物中心の食事を摂取するといったものです。

 

カーボローディング (グリコーゲンローディング)とは

走るためのエネルギー源となるグリコーゲンを筋肉中に最大限に蓄積するための特別な食事法

具体的な方法

  • レース3日前からごはんやパン、めん類ばかりの食事にする。
  • 肉や魚などタンパク質や脂質の多いものはあまり取らない。

といった簡単な方法です。

<メニュー>

パスタがいろいろとアレンジしやすく、栄養や炭水化物をたくさんとれるので、スポーツ選手も大会前はパスタ料理を食べている人も多いと言われています。

パスタは大好物です!(^^)!

水素で活性酸素を減らしておくのも有効!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。