老化の原因

投稿者: | 2019年3月29日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

老化の原因となる活性酸素とは?

走る際に、人は炭水化物や脂肪を燃やしエネルギーを生み出しています。

このエネルギーを生み出す工場の役割をするのがミトコンドリアです。

ミトコンドリアでエネルギーを生み出す時同時に発生するものが「活性酸素」で、活性酸素が発生すると細胞やミトコンドリアがダメージを受けます。

呼吸で取り込んだ酸素の2%が活性酸素になると言われています。

普段の生活だけでしたら特に問題はないでしょうが、マラソンなどの長時間の有酸素運動を行うとそれだけ呼吸をする回数が多くなります。

活性酸素は増えやすいと言えるでしょう。

活性酸素は体内に侵入してきた病原菌などを退治する力ももっている為、ある程度の活性酸素は人間にとって必要なものです。

増えすぎると疲労が溜まって疲労蓄積やパフォーマンス低下の要因となります。

疲労が溜まると、回復も遅れますので、大会に向けた練習が思うように進められなくなってしまうリスクがあります。

マラソンやトライアスロンのような長時間行うスポーツは計画を立てて練習を行うことが非常に重要です。

疲労の蓄積や回復には敏感にならないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。