運動と老化

投稿者: | 2019年4月17日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

運動時の酸素消費量は安静時の10〜100倍にもなります!

大阪大学大学院医学系研究科の江口裕伸氏らの論文によると、運動しているときには安静時と比べて全身の酸素消費量が10倍〜15倍にもなり、特に筋肉においては100倍にまで上昇するとのこと。

それにともない、活性酸素の発生量も増加します。

とはいえ、ある程度の増加であれば、活性酸素の増加にあわせて『SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)』などの活性酸素を除去してくれる物質も増加し、対応してくれます。

しかし、あまりに活性酸素の発生量が多過ぎるとSODの働きが追いついてくれないため、活性酸素による老化を招いてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

運動は楽しめる程度に

それなら運動なんてしない方がいいかといえば、そうではありません。

運動不足は決して体にとっていい影響がないのは、紛れもない事実です。

要は“やりすぎない”ことなんですね。

ジョギングにしても楽しめる速度と距離にすれば、活性酸素の発生量とSODなどの抗酸化酵素のバランスが取れます。

また、運動だけでなく、食事においてもビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどの『フィトケミカル』をバランスよく摂ることも、運動したときの活性酸素の除去にはとても重要なことです。

さらに、運動によって傷ついた筋肉を修復するためには、運動後できるだけ早くタンパク質も摂った方がいいでしょう。

水素で、活性酸素の悪玉ヒドロキシラジカルのみを除去して、思う存分スポーツを楽しみましょう!(^^)!

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。