危険ですね!

投稿者: | 2019年4月9日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

先月、同い年の超人トライアスリートが突然脳梗塞で倒れました(泣)

激しい運動は、5倍ぐらいの活性酸素が発生するようです。

気を付けないといけませんね。

スポーツによる活性酸素が有害

 スポーツで何故活性酸素が増すかといえば呼吸量が増えるからです。
もし2倍呼吸すれば活性酸素量も2倍になります。

同時に筋肉温度が上昇して体温が上昇するとそれまで呼吸した酸素の2%くらいが活性酸素に変わっていたものが、その割合が上がり最大10%くらい(約5倍)にまでなってしまいます。

例えば炎天下でトライアスロンなどを行ったりすると呼吸量も最大10倍近くまで上がるので毒性の強い活性酸素がふだんの50倍近く体内で発生していることになります。
体はそうした状況を想定していないので防御系が追いつきません。
これにより体に目に見える疾患が出たり、寿命が縮まることにつながります。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。