水素が行こうな病気や症状

投稿者: | 2019年7月22日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

水素って、病気の96%の原因と言われている活性酸素の除去してくれるけど、どんな病気に有効なのかな?

水素はどんな病気や症状に有効なのか?


「悪玉活性酸素」が関与する疾患については、すべて有効性が期待できます。

糖尿病や脂質異常症の方の動脈硬化進展予防や、

肩凝りやそれに伴う頭痛、腰痛などの筋肉痛、関節痛、

感冒後の気管支炎、咳喘息、関節リウマチなどにも有効と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またスポーツ選手に水素を運動前に投与したところ、

乳酸が抑制、パフォーマンスの向上が報告されています。

同様に筋肉痛の予防効果も期待できます。

活性酸素は、日々の運動、仕事、ストレス、紫外線などで大量に発生します。

ストレスが多く、疲労回復が遅い方や、

アンチ・エイジング対策、

勉強や仕事の際の集中力を高める効果が期待できます。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。