活性酸素は美人の敵

投稿者: | 2019年7月15日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

美人の敵、活性酸素から自分を守るには??

人が体内でエネルギーを作り出す時に発生してしまう活性酸素は、無理や無駄にエネルギーを作り出す時に活性酸素を生み出してしまいます。

活性酸素を出す習慣を減らしていくことが若返りへの一歩。
あなたは下記のような習慣はありませんか?

1、急激な運動

ゆっくりとストレッチや準備運動をしてから運動を始めるのと、いきなり運動をはじめるのとでは活性酸素の発生がまったく違います。

いきなり、多くのエネルギーを必要になると、体は無理にエネルギーをつくりだそうとします。

その過程で活性酸素は多量に発生してしまいます。
昔から準備運動が大切というのは知恵なのでしょうか?

2、早食い

友人たちとご飯を食べると早い人、遅い人いますよね。

食べ方一つでも活性酸素を多く作り出してしまいます。

食事をするときに体内では消化酵素といわれる食事を分解する酵素が生み出されるのですが、この消化酵素を作るにもエネルギーが必要です。
運動と同じように急に食べ出すと消化酵素を多量に必要とし、無理にエネルギーを作り出す過程で活性酸素を多量に発生させます。

3、ストレス

ストレス社会といわれるほど、現代社会では多く聞く言葉ですが、ストレスでも活性酸素は多量に発生します。
実際の生活の中で活性酸素を一番作り出しやすいのがストレスなのです。

心理的、肉体的に不快な状態が持続すると、副腎皮質からストレスホルモンが分泌されます。
ストレスホルモンが分泌されると、血管が収縮して血圧が上昇し、同時に血糖値も上昇します。
ストレスを解消しようと多量のエネルギー源全身に供給され、急激に運動を開始したときと同じ状態をつくりだしてしまうのです。
ストレスも少しは良いかもしれませんが、あまりにも長い間ストレスを感じる場合はゆったりとした時間をとることも大切です。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。