疲労回復効果

投稿者: | 2019年9月3日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

水素の効果(疲労回復)

アスリートは体内に活性酸素が生じやすい

呼吸によって酸素を体内に摂り入れている以上、人間の体の中には活性酸素と呼ばれる物質が生成される仕組みとなっています。

活性酸素は体内に摂り入れた酸素の量に比例して生成させるため、呼吸の量や回数が多い人ほど、体内には活性酸素が生まれやすいということになります。

つまりこれは、一般の人に比べて呼吸の量や回数の多いアスリートのほうが、活性酸素を体内に溜めやすいということでもあります。

本来、体内に活性酸素が発生すると、これを消去しようとする酵素が生まれ、いわゆる免疫力を発揮します。

しかしながら人間の体は、年齢に応じて免疫力が低下。

年齢の低いアスリートよりも年齢の高いアスリートのほうが、活性酸素を溜め込みやすいということにもなるでしょう。

アスリートは体内に活性酸素が生じやすい
呼吸によって酸素を体内に摂り入れている以上、人間の体の中には活性酸素と呼ばれる物質が生成される仕組みとなっています。
活性酸素は体内に摂り入れた酸素の量に比例して生成させるため、呼吸の量や回数が多い人ほど、体内には活性酸素が生まれやすいということになります。
つまりこれは、一般の人に比べて呼吸の量や回数の多いアスリートのほうが、活性酸素を体内に溜めやすいということでもあります。
本来、体内に活性酸素が発生すると、これを消去しようとする酵素が生まれ、いわゆる免疫力を発揮します。
しかしながら人間の体は、年齢に応じて免疫力が低下。
年齢の低いアスリートよりも年齢の高いアスリートのほうが、活性酸素を溜め込みやすいということにもなるでしょう。
水素を飲むと乳酸が溜まりにくくなる
運動をすると、人は疲労感を感じます。
疲労の原因はいまだに研究途上ですが、これまで明らかになっている主要な原因として、運動によって体内に生まれる乳酸、および呼吸によって体内に生まれる活性酸素の存在が指摘されています。
疲労の原因に関する学術的研究として、筑波大学のグループは興味深い臨床データを報告しました。
普通の水だけを飲むアスリートのグループと、水素水を飲むアスリートのグループに分けて、それぞれの乳酸の生成量を比較。
データ化した結果、普通の水を飲んでいたグループに比べて、水素水を飲んでいたグループのほうが乳酸が溜まりにくく、かつ筋肉労が低下することが判明したのです。
水素水には体内の活性酸素を除去する働きもあることから、乳酸除去と合わせた二重の働きによってアスリートの疲労回復に貢献することが分かりました。
スポーツする前・後どちらでもOK
アスリートが疲労を軽減する目的で水素水を飲用する場合、スポーツ前に水素水を飲むと通常よりも楽に走ることができます。
スポーツ後に水素水を飲むと、疲労の回復が早くなります。スポーツ前・後、どちらに水素水を飲んでも効果的ということです。
トレーニング時は飲まない方が賢明
柔道や短距離走など、高い瞬発力や瞬間的な筋力が要求される競技においては、少なくとも競技中における水素水の飲用は避けたほうが良いようです。
なぜならば水素水の摂取によって体中の細胞がリラックスしてしまうため、本来の力が発揮できない恐れがあるからです。
実際、そのような報告も挙がっています。
また筋肉トレーニングをする際にも、水素水は不向きとの見方があります。
筋トレで筋肉を増強させるには、一時的に筋肉組織を傷める必要があります。
傷んだ筋肉組織の修復過程で筋肉は増強されるメカニズムなのですが、水素水を摂取すると傷んた筋肉組織の修復が早まり、筋肉の増強が効率的に進まない可能性があるからです。

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。