活性酸素を作っては本末転倒

投稿者: | 2019年12月3日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

運動する人に良い効果のある水素

運動を好む人やアスリートの間では、水素の効果が注目されています。

それは、水素の持っている活性酸素を減らす働きが関係している。

水素を取り入れることで疲れを減らして運動やスポーツを楽しんだり、練習時に疲れを感じずに効果だけをアップしたりすることができるからです。

水素を上手に取り入れて、健康的に運動をしましょう。

運動が活性酸素を作り活性酸素が疲れを作る

運動をすることで、呼吸や筋肉の動きが激しくなります。

それによって体の中の酸素量が増えて、活性酸素ができやすくなります。

活性酸素の元は、体内に取り込まれた酸素です。
酸素は細胞内のミトコンドリアで使われて、エネルギーに変えられます。

その過程で作られた老廃物は、非常に不安定な活性酸素になります。

活性酸素は、自分たちだけでは不安定なので、他の細胞を壊して安定させようとします。
活性酸素は、こうした動きによって細胞を傷つけてしまい、老化や疲れを引き起こします。
健康のために行っているスポーツで活性酸素を作ってしまうのでは、本末転倒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。