男性ホルモンとの関係

投稿者: | 2019年12月6日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

 

男性ホルモンの量と働き

男性ホルモンは、主に男性に多く、男性らしい体つきや考え方の源となっています。
性格的には活発でバイタリティ溢れる男らしさを、肉体的には筋肉を作り、体毛を増やします。

男性ホルモンは体の中の割合としては非常に少ない量で体の調子を整えており、減るだけでなく増えても良くないものです。

男性ホルモンが増えすぎることで、攻撃的になったり、ニキビや体臭が増えたりする原因ともなります。

活性酸素の影響で男性ホルモンが減少すると

活性酸素は物質を酸化させる力を持っており、過剰になると体の健康な組織までも酸化させてしまいます。

こうした影響によってホルモン分泌を行う器官が酸化すると、ホルモン分泌量が減ることになります。
男性ホルモンが減ると老化現象が起こり、体の不調につながります。

体の老化によって、体調不良だけでなく、美醜や体臭にも影響を与えることがあり、それが魅力を失わせることにもなりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。