活性酸素の基礎知識

投稿者: | 2020年1月22日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

身体には必要だけど、増え過ぎると悪影響を及ぼす活性酸素。

活性酸素って何?

なんで増え過ぎるの?

増え過ぎたらどうすればいいの?

活性酸素の基礎知識

Lighter 1218248 1280

人間は炭水化物などを燃やしてエネルギーに変えていますが、その燃えカスが活性酸素というように言われています。

この表現が良くないなとは思うのですが、大きくは間違っていないのでそのままに。

炭水化物を燃焼させるには酸素が必要になります。

酸素はもちろん呼吸で取り込みます。

取り込んだ酸素の2%が活性酸素になると言われています。

ただ活性酸素は燃えカスですが、体の中では重要な役割があります。

それはウイルスや細菌から体を守るという役割です。

きちんとした役割があるのに「燃えカス」というから、邪魔者扱いされるわけですが、最低限の活性酸素は体にとって重要な役割になります。

ただし過ぎたるは及ばざるが如しの典型なのが活性酸素で、体内で増えすぎると疲労の原因になります。

活性酸素が増えすぎると体内の細胞の1つひとつが機能不全になり、細胞本来の役割を果たせなくなります。

活性酸素の悪玉ヒドロキシラジカルのみに吸着する水素!

無害な水となり、体外へと排出してくれます。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。