注意すべきこと

投稿者: | 2020年3月23日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

ペースメーカーを植え込んでの注意点!

それぞれの生活場面で注意すべきこと

運動

手術後1~3ヶ月ほど順当に経てば、周囲の人と同じレベルの運動が可能になります。

ただペースメーカー本体やリードの部分を圧迫するような運動は、リードが断線したり、本体が破損したりする恐れがあります。

このため、埋め込んだ場所の近くを大きく動かす運動や、身体に強い衝撃が加わる運動は控えた方が良いでしょう。重たい物を持つのも避けます。

入浴

シャワーはもちろん、湯船に浸かることもできます。

しかし長い時間湯船に浸かったり熱い湯に入ったりすると、脈拍や心臓の収縮力が上がってしまい心臓に負担がかかります。

時間、高温の入浴は避けるましょう

長時間サウナに入ることも、同じ理由で控えます。

食事

食事や飲酒などに制限はかかりません。

心臓や腎臓、肝臓などに持病がある場合は、持病の治療で制限がかかることはあります。

旅行

車、バイク、電車、飛行機などどの乗り物を利用しても大丈夫です。

飛行機に乗るときは、所持品をチェックする金属探知機にペースメーカーが反応したり、影響を受けてしまったりする可能性があります。

係員にペースメーカーをつけていることをしっかり伝えましょう。

またシートベルト重い荷物による強い圧迫にも注意し、必要であればタオルなどクッションになるものを挟むなどの工夫もしましょう。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。