水素を吸う時代

投稿者: | 2020年8月2日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

一頃水素水が話題になったことが有りましたね!

今は「水素は吸う時代」と言う言葉が主流になっています。

水に溶け込んだ水素を胃袋を経由して摂取するよりも

はるかにはるかに水素を直接吸引するのが断然良いようです。

流行り廃りではなく医学で確り証明されて、

慶応大学病院を初め著名な大病院で治療にも使われているようです。

今日のチャレンジャー草間さんはポータブルの水素ボトルをいつでも持ち歩いているんです。

走り終わって帰る途中でも水素を吸いながらお帰りになります。

アイシング以上の回復を実感できるそうですから驚きです。

写真の草間さんをご覧ください。

水素は吸い過ぎても全く問題ないそうですし、人間の身体についてのトラブルには絶大な力が有るようです。

認知症にまで効果があると言うんですからビックリしました。

箱根駅伝の有力校や実業団でチームごと利用しているのは今や常識だと言うのです。

最近は街の中に『水素健康サロン』が有って、1時間1000円くらいで吸引できます。

今日草間さんと一緒に見に行きました。

私も一つ(1台)お借りしてますが、現在走友のEさんに使ってもらってます。

アスリートには必需品になって来つつあるようです。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。