活性酸素ってなに?

投稿者: | 2020年8月21日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

私のデジタルブック読んでください。

http://digitalbook-jp.com/book/business/business/0000283001.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

ところで活性酸素って?
活性酸素は、人間が酸素を体内に取り込むと白血球が作り出す物質で、誰の身体の中にもあります。
もともとは、身体の中に進入した有害なウイルスや微生物を攻撃・除去する大切な役割をもっているのですが、疲労やストレス、花粉などの外部刺激で過剰に作られてしまうと、遺伝子や血管、皮膚や骨といった正常な器官も傷つけてしまい、老化や病気の原因になるのです。

活性酸素により、ひとつの細胞が攻撃されると、その細胞は次々にまわりの細胞も酸化させていきます。

よく「錆びない身体づくり」なんていいますが、活性酸素が増えすぎることは、まさに細胞が酸化して「錆び」てしまうことなのです。

また、活性酸素を除去する酵素(SOD)は40歳頃から急激に減少するといわれています。
いままで、遺伝要素が大きいといわれていた成人病も、遺伝ではなく、活性酸素が原因ではないかといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

活性酸素が病気の96%の原因と言われています。

しかも、悪玉ヒドロキシラジカルのみに吸着するなんて素晴らしい!!

沢山の水素を発生する本物の水素を選んで、原因不明の難病を改善させましょう。

水素を飲んで健康を維持し、日本の医療費削減を!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。