食べるだけで活性酸素により老化するの?

投稿者: | 2017年5月3日

90kgのメタボからサブ3を3年間で達成し、さらに体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

↓水素でメタボ体型を解消したい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリックお願いします

おはようございます。

ご飯を食べて、エネルギーに変える仕組みが老化の原因?!

恐ろしい事ですね!!

水素を生活に取り入れた方とお会いすると多くの方が若々しくエネルギッシュな印象を受けます。

いつも楽しそうに笑っていて、人生を楽しんでいるといった印象を受ける方が多いです。

話を聞いてみると昔からそういった性格だったわけでなく、徐々に変わっていったようです。

実際にどういった作用が働いているのか水素のメカニズムを調べていくと驚くべき結果がわかりました。

生きていく上で必要不可欠な行動の一つの食べるというのがあります。
食べることでエネルギーを作り出し、消費することで生き続けることができます。

このご飯を食べエネルギーを生み出すといったメカニズムが老化の原因になってくるのです。

もっというと、エネルギーを生み出すのは細胞内になるミトコンドリアで、食事から得る糖分と酸素を活用していきます。

その過程でミトコンドリアからこぼれた電子が酸素と結びつき『活性酸素』となって、細胞を傷つけてしまうのです。

細胞内のミトコンドリアの量が少なければ少ないほど、オーバーワークになってしまい電子がこぼれやすくなり、結果的に活性酸素の量が増えてしまうのです。

活性酸素は身体によって良い善玉活性酸素と細胞を傷つけてしまうような悪い作用を働かせる悪玉活性酸素があります。

活性酸素は増え続けると、より酸化力の高い悪玉活性酸素になり、身体に対して悪さをするようになります。

どんどん傷ついて、徐々に老化現象が進行してしまったり、病気になってしまうことも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気なようでも活性酸素は発生しています。

早め早めに、悪玉活性酸素ヒドロキシラジカルをどんどん除去しましょう!

予防医学の時代ですよ!!

病気になってから、水素飲んでおけば良かったなんて言っても手遅れですよ。

細胞を元気にして、健康寿命を延ばしていきましょう!!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

感謝しています!

↓水素でメタボ体型を解消したい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリックお願いします