水素の基礎知識1(拡散性について①)

投稿者: | 2016年12月26日

90kgのメタボからサブ3を3年間で達成し、さらに体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

↓水素でメタボ体型を解消したい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリックお願いします

 

1.拡散性について①

学生時代に科学でならった分子の大きさを覚えていますか?

そうです、水素が宇宙で一番小さな分子です。

この小ささが、他を寄せ付けない効果に繋がります。

分子数1の水素は、ダイヤモンドの石でも通り抜ける事が出来ます。

と言う事は、人間の体の外から、細胞や核の中心迄、何処でも行けると言う事です。

薬や健康補助食品の分子数は、水素の比べ巨大なものとなります。

科学を覚えていますか?

分子数が増えれば、亀の甲の形の結合体になります。

だから、抗がん剤等の薬を飲んでも、人間の核の中心までは行けません。

核の中心に病気の原因が有れば、水素しかたどり着けないと言う事です。

 

↓水素でメタボ体型を解消したい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリックお願いします