食事編5(意外と必要な脂肪)

投稿者: | 2017年6月6日

90kgのメタボからサブ3・体脂肪率5.0%の身体を手に入れた「走る社長」の橋本雅弘です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ ←クリック・ランキングへご協力、感謝

おはようございます。

意外と大切なエネルギー源「脂肪」

走るのに必要なエネルギーは、グリコーゲン(糖質を摂取することで体内に蓄えられる)だけではありません。

ゆっくりジョギングや、LSD(Long Slow Distanceの略。長い距離をゆっくり走ること)などのように、比較的低い強度の運動には、脂肪がエネルギー源として多く活用されます。

肉、魚、卵、牛乳などさまざまな食品に含まれる脂肪は、摂取過多になりやすい栄養素です。

夕食、特に夜遅くなる食事では、肉なら脂肪の多い部位を避けたり、茹で肉にするなど、脂肪分をとり過ぎない工夫をするといいでしょう。

脂肪も大切な栄養素のひとつなので、うまくつきあっていくことが賢明です。

たとえば、ビタミンA、D、Eは油と一緒に摂取するとスムーズに吸収されます。

小松菜、ほうれん草、ニンジンなどは、オリーブオイルやエゴマオイル(シソの一種の油)といった血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす油で調理するといいでしょう。
ただし脂肪は消化吸収に時間がかかるため、レース当日はとりすぎない方がいいでしょう。

脂肪を取り過ぎたと思たった時は、ダイエット効果がある水素でしょう!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝しています!

↓水素の力を知りたい方↓サブ3を達成したい方↓健康に興味ある方↓
http://shop001.fuji-suiso.net/member.php?id=104

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へランキングへご協力、有難う御座います。